lily’s diary

何でも

魂の叫び

 

先日お小遣いが底を尽きてしまい、深刻な金欠病に陥っているため、これはいい機会だということで禁煙を試みたが、結局1日で失敗してしまった。(1日成功したともいえる)

 

閑話休題。皆様はフロイトの心理性的発達理論をご存じだろうか。

私も大学の講義で齧った程度なのであまり詳しくはないがヒトは口唇期、肛門期、エディプス期、潜伏期、性器期といった段階を経て成長する。私は間違いなくこの口唇期的性格を色濃く残している。

 

口唇期に口唇での欲求が十分満たされなかったり、十分以上に満たされて成長すると口唇期に異常に固執してしまうらしい。(実際4歳まで乳離れできなかった)

この口唇期に固着してしまった人間の特徴として

 

・食事(過食)、喫煙、飲酒など、口唇の刺激を求める
・爪を噛むクセがある
・性格は、赤ちゃんのように他人に依存的で、何事に対しても受け身(指示待ち)
・幼児的な攻撃性を他人に向けることがある

 

といったものがあるらしい。全部自分やないかい…

流石に爪を噛む癖はないが、暇さえあればティッシュを噛んでいることが多々あるため似たようなものだろう。

 

とどのつまりなるべくして喫煙者になってしまったし、過度に母性や愛情を求めるようにもなってしまったというわけだ。

どうやらニコチン依存症に加え、この口唇期固着が私の禁煙を全力で邪魔しているようなので、禁煙するためには第二の乳離れをするしかないらしい…

 

できるわけねえよなあ!?

 

いうまでもなく私はおっぱいが大好きである。恐らく頭を撫でられながら乳首を吸った暁には全身の細胞から射精したかのような違法ドラッグをも凌駕する多幸感で満たされるに違いない。おっぱいは薬物!こわい(小並感)

 

しかし私はおっぱいを吸うに値しない醜い容姿をしているため、おっぱいを吸いたくても吸えないのが現状である。おっぱいは残酷!うええええええええええん!!!!!!

 

 

 

ちなみに風俗やおっパブに行けばいいじゃないかという下半身と脳髄が直結した人間からの意見を耳にすることがあるが、おっぱいを吸うという行為は単なる性欲の発散といった下等な行為ではなく、精神的な安寧を得るために必要な高等動物のみが許された神聖な行為であるため、金銭で交わされた偽りの愛情での授乳など意味を成さないのである。決して間違えてはいけない(戒め) おっぱいは宗教!おっぱいを崇めよ。

 

つまり、おっぱい吸いたい!!!といった欲求をニコチンで誤魔化しているのに過ぎない。私は命を削って自分に嘘をつき続けているのだ。おっぱいは人生!分け入っても分け入ってもやわらかいおっぱい

 

結論として、おっぱいを吸えたら禁煙なんて幾らでもできるのだ。おっぱいさえ吸えれば。おっぱいは悪くない!悪いのは漏れ!

 

おっぱいが好きすぎて何を言っているか分からなくなってしまったが、これは仕方のないことである。論理を超越した混沌の中に、真実は存在するのだから(意味不明)

 

考えるな、感じろ。

というわけで誰かおっぱい吸わせてください(切実)

そりでわ✋

 

 

 

最後に一つだけ。

赤ちゃんやめてえ…