読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lily’s diary

ポケモンとか色々

第2回グラカップ雑感(パーティ反省&備忘録)

第2回グラカップに参加してきました。

戦績は5-5で、前回は8-2だったため非常に悔しい思いをしています。

パーティは考える暇も使ってみたい構築もなかったので前回記事にしたパーティをそのまま使用しました。

f:id:lily_poke:20170304221611g:plain f:id:lily_poke:20170304221706g:plain f:id:lily_poke:20170304221755g:plain f:id:lily_poke:20170304221852g:plain f:id:lily_poke:20170304222146g:plain f:id:lily_poke:20170304222118g:plain

マンダは空気

5世代のヒードランの腰使い、孕ませる気マンマンでめちゃくちゃ面白い

 

環境としてはレヒレマンダサイクルとガルーラテテフの対面構築が非常に多かったと思います。中でもレヒレマンダサイクルは当たったほとんどの試合で厳しい戦いを強いられました。対面構築に関してはそこそこ有利に立ち回れました。

 

構築段階でカプ・ブルルヒードランの並びを突破されてしまうポケモンを考えたときにバシャーモメガボーマンダマンムー、霊獣ボルトロスを思いつきました。そこでそれらをケアしようと残りの4枠にスイクンポリゴン2ランドロスメガボーマンダを投入しました。これが間違いで、本当に対策すべきだったのはカプ・レヒレでした。

f:id:lily_poke:20170304215759g:plain

改めて自分のパーティを見てみると、カプ・ブルル以外のポケモンカプ・レヒレに不利なため、相手のパーティにカプ・レヒレがいた時点でカプ・ブルルを選出せねばならず、選出が容易にバレてしまいます。カプ・ブルルメガボーマンダに勝つことが出来ないため物理受けがどれだけ多かろうとメガボーマンダを選出されてしまい、物理受けは相手の残り2匹で消耗させられて負けてしまう。これが今回勝てなかった最大の理由ではないかと感じました。

しかしカプ・ブルルは本当に強く、カプ・レヒレのガーディアン・デ・アローラ+ムーンフォースをギリギリ耐えたので本当に驚きました。

実際に計算してみると、C252振りですら25%程度の乱数4発に押さえていたため、カプZを持っているカプ・レヒレに安心してカプ・ブルルを後投げできることが分かりました。試合には負けてしまいましたが、これはとても大きな収穫でした。

 

それでは同じような対戦環境の中で前回なぜ勝てたかというと、恐らくメガゲンガーナットレイの存在が大きいのではないでしょうか。メガゲンガーは豊富な技範囲とかげふみによるサイクルカット、ナットレイメガボーマンダの起点になってしまう危険性を孕んでいますがステルスロックや宿り木の種でサイクル補助をしたり、ジャイロボールで攻撃に参加することが出来るため、自然とカプ・レヒレメガボーマンダの並びに強くなっていたような気がします。やはりまだまだメガゲンガーは強いですね。

 

今の構築はメガボーマンダが完全な見せポケとなっているため構築を改良するならメガボーマンダを変えるべきだと思いました (実際10戦中1度も選出していない)

 

話が逸れましたが今回は自分の構築を見つめ直すいい機会になったと思います。

プレイングもまだまだ未熟なため経験を重ねより良い結果を出せるために精進しようと思います。

 

そりでわ✋