lily’s diary

何でも

パーティ構築の迷走

先日開催されたグラカップの反省として自分のパーティにはカプ・レヒレの対策が甘かったということが分かりました。このままだと壁に当たってしまうような気がしたためパーティ構築を変更することにしましたが中々うまく行かず、試行錯誤を繰り返しています。

 

まず第一にカプ・レヒレに厚い構築にするということ

自分のパーティにはカプ・レヒレに強い駒がカプ・ブルル以外におらず、カプ・レヒレ入りの構築にその隙を突かれ取り巻きに崩されるという負け方が非常に多かったため、そこを重点的にケアすることにしました。

 

カプ・レヒレとその取り巻きに強く出られるポケモンを考えた結果ボルトロスというポケモンが浮かびました。

最近は霊獣ボルトロスの方が多い印象を受けますが、化身ボルトロスの場合カプ・レヒレメガボーマンダの並びだけでなく、挑発と悪巧みを持つことによって変化技に頼ったポケモンや岩技を持たないカバルドンを起点にすることが出来、素早さもガブリアスより速いため化身ボルトロスを使用することにしました。

f:id:lily_poke:20170306010559g:plain

何でも出来る卑怯なおっさん。6世代の頃は最強のポケモンだったと思う。

これによりレヒレ対面で悪巧みを積み、メガボーマンダも最速でなければめざめるパワー氷で倒すことが出来ると考えました。

 

第二に完全な置物だったボーマンダをどうにかすること

自分のパーティはボーマンダの選出率が極端に低いため、実質5体で戦っているような状況でした。そこでメガボーマンダ以外の5体が受けループに弱いため、そこを多少ケアできる鉢巻カイリューを思いつきました。

f:id:lily_poke:20170306012237g:plain

鉢巻カイリューを使うのは初めてだった上にサイクルを回す構築に入れて大丈夫なのか不安でしたが、積極的に釣り出しすることによって有利対面を確保してから放つ鉢巻逆鱗の火力は圧巻でした。

やはり大火力で負担をかけて相手のサイクルをぶち壊すのはとても気持ちがいいですね。

受けループ相手の場合、メガヤドランエアームド以外は鉢巻逆鱗を受けることができないため、それらに強いボルトロスとの相性も抜群だと感じました(机上の空論)

 

結局ランドロスボルトロスに、メガボーマンダカイリューに変更したわけですが新たな問題点が浮かんできました。

f:id:lily_poke:20170306014520g:plain  f:id:lily_poke:20170306014541g:plain f:id:lily_poke:20170306014610g:plain f:id:lily_poke:20170306021644g:plain

(こいつらどうすんだ…)

 

今の構築はマンムーがとにかく重いです。スイクンポリゴン2以外のポケモンマンムーに弱点を突かれて死んでしまうため平気で交代読みステルスロック等を撒かれるなど好き放題されてしまいます。

何となくパーティを組んでたら自然とマンムーが重たくなる現象は何なんですかね…?

 

また、フシギバナモロバレル等の催眠技を持った高耐久の草・毒タイプも厳しいことが分かりました。受けループにこれらが入っていた場合、昏睡レイプされてしまいカイリューでeasy winを狙うことができません(やっぱりマンダって強いんだなあ)

 

メガリザードンXヒードランでしか見れないため一度舞われると一気に厳しくなるし、メガ枠もZ技持ちも地面枠も不在なのは現代のパーティとしてどうなのかなあといった感じです。

 

現段階でこれだけの欠陥を抱えているのは本当にまずいのでまだまだ改良が必要だなと感じました。

コンセプトがガバガバだしもうブルルドランやめて1から組んだ方が良くね?

ただブルルドランはお気に入りの構築であるためもっと強くしたいなと思います。

やはりポケモンは構築を考えている時が1番楽しい。

第2回グラカップ雑感(パーティ反省&備忘録)

第2回グラカップに参加してきました。

戦績は5-5で、前回は8-2だったため非常に悔しい思いをしています。

パーティは考える暇も使ってみたい構築もなかったので前回記事にしたパーティをそのまま使用しました。

f:id:lily_poke:20170304221611g:plain f:id:lily_poke:20170304221706g:plain f:id:lily_poke:20170304221755g:plain f:id:lily_poke:20170304221852g:plain f:id:lily_poke:20170304222146g:plain f:id:lily_poke:20170304222118g:plain

マンダは空気

5世代のヒードランの腰使い、孕ませる気マンマンでめちゃくちゃ面白い

 

環境としてはレヒレマンダサイクルとガルーラテテフの対面構築が非常に多かったと思います。中でもレヒレマンダサイクルは当たったほとんどの試合で厳しい戦いを強いられました。対面構築に関してはそこそこ有利に立ち回れました。

 

構築段階でカプ・ブルルヒードランの並びを突破されてしまうポケモンを考えたときにバシャーモメガボーマンダマンムー、霊獣ボルトロスを思いつきました。そこでそれらをケアしようと残りの4枠にスイクンポリゴン2ランドロスメガボーマンダを投入しました。これが間違いで、本当に対策すべきだったのはカプ・レヒレでした。

f:id:lily_poke:20170304215759g:plain

改めて自分のパーティを見てみると、カプ・ブルル以外のポケモンカプ・レヒレに不利なため、相手のパーティにカプ・レヒレがいた時点でカプ・ブルルを選出せねばならず、選出が容易にバレてしまいます。カプ・ブルルメガボーマンダに勝つことが出来ないため物理受けがどれだけ多かろうとメガボーマンダを選出されてしまい、物理受けは相手の残り2匹で消耗させられて負けてしまう。これが今回勝てなかった最大の理由ではないかと感じました。

しかしカプ・ブルルは本当に強く、カプ・レヒレのガーディアン・デ・アローラ+ムーンフォースをギリギリ耐えたので本当に驚きました。

実際に計算してみると、C252振りですら25%程度の乱数4発に押さえていたため、カプZを持っているカプ・レヒレに安心してカプ・ブルルを後投げできることが分かりました。試合には負けてしまいましたが、これはとても大きな収穫でした。

 

それでは同じような対戦環境の中で前回なぜ勝てたかというと、恐らくメガゲンガーナットレイの存在が大きいのではないでしょうか。メガゲンガーは豊富な技範囲とかげふみによるサイクルカット、ナットレイメガボーマンダの起点になってしまう危険性を孕んでいますがステルスロックや宿り木の種でサイクル補助をしたり、ジャイロボールで攻撃に参加することが出来るため、自然とカプ・レヒレメガボーマンダの並びに強くなっていたような気がします。やはりまだまだメガゲンガーは強いですね。

 

今の構築はメガボーマンダが完全な見せポケとなっているため構築を改良するならメガボーマンダを変えるべきだと思いました (実際10戦中1度も選出していない)

 

話が逸れましたが今回は自分の構築を見つめ直すいい機会になったと思います。

プレイングもまだまだ未熟なため経験を重ねより良い結果を出せるために精進しようと思います。

 

そりでわ✋

 

 

最高レート更新(1910)

わざわざ記事にするほどのレートでもありませんが一応自身の最高レートを更新したので記念に書いていきます(単純に書いてみたかった)

 

今シーズンはポケバンクの解禁により教え技を搭載したポケモンや準伝説ポケモンの解禁等環境に多大な変化が起こりました。

そこでカプ・ブルルヒードランという並びに目を付けました。

カプ・ブルルヒードランは相性補完に優れており、且つヒードラングラスフィールドの地震半減という恩恵を受けられるため、とても強い並びなのではないかと考え、これを軸にパーティを構築しました。

 

以下詳細です

f:id:lily_poke:20170304084950p:plain

カプ・ブルルとつげきチョッキ

特性:グラスメイカー

性格:意地っ張り

努力値:252-84-0-×-172-0

実数値:177-177-135-×-137-95

技:ウッドハンマー ウッドホーン しぜんのいかり ばかぢから

 

このパーティの要であり敵味方を長生きさせるポケモン

他のカプ神からフィールドを取り返し、後攻ウッドハンマーで落とすことが出来る。

火力をかなり削っているので火力不足に悩まされているため調整が必須だと感じたが、耐久にかなり努力値を割いているため不一致冷凍ビーム程度なら余裕で後出しできる。

こいつのおかげでカプ・テテフにも怯えることはなかった。

 

f:id:lily_poke:20170304085438p:plain

ヒードラン@こだわりメガネ

特性:もらいび

性格:控え目

努力値:248-×-0-252-4-4

実数値:197-×-126-200-127-98

技:オーバーヒート ラスターカノン だいちのちから げんしのちから

 

H30の妥協個体。王冠使うのをケチった。

昔ヤーティを組もうとしていたことがあり何となく入れてみたがメガリザードンYやウルガを後出しから狩れたり眼鏡オバヒの超火力で相手のサイクルを崩壊させたりできるので個人的に気に入っている。

 

f:id:lily_poke:20170304090514p:plain

 

スイクンゴツゴツメット 

特性:プレッシャー

性格:図太い

努力値:252-×-204-52-0-0

実数値:207-×-177-117-135-105

技:ねっとう れいとうビーム リフレクター ほえる

 

普通のゴツメスイクン。パーティ単位で重いバシャやマンムー、マンダの相手をしてもらった。過労死枠。

 

f:id:lily_poke:20170304090822p:plain

ポリゴン2しんかのきせき

特性:トレース

性格:図太い

努力値:244-×-252-0-0-12

実数値:191-×-156-125-115-82

技:ほうでん れいとうビーム どくどく じこさいせい

 

普通の輝石ポリ2。スイクンだけではマンダが重いので仕方なく投入。ドランが毒守ではないため相手の輝石ポリ2に毒を撒いたり役割は多い。

 

f:id:lily_poke:20170304091414p:plain

ランドロスこだわりスカーフ

特性:いかく

性格:陽気

努力値:4-252-0-×-0-252

実数値:165-197-110-×-100-157

技:じしん いわなだれ ばかぢから とんぼがえり

 

リザやウルガ等の準速100族を抜くため陽気最速にした。ばかぢからはガルーラをほとんど見ないのではたきおとすにしても良かったと感じた。威嚇を撒いてとんぼ返りで掻き乱すだけでも強かった。もう少し火力を落として耐久に振っても良かったと思う。

 

f:id:lily_poke:20170304092227p:plain

ボーマンダボーマンダナイト

特性:いかく→スカイスキン

性格:慎重

努力値:156-4-20-×-236-52

実数値:195-156-103-×-143-127 メガ後:195-166-153-×-154-147

技:おんがえし じしん はねやすめ りゅうのまい

 

HDマンダ。火力があまりにも足りないのでおんがえしをすてみタックルにしても良かったかもしれない。このPTでは完全にバシャを睨むだけの見せポケと化していたが、選出した時にはしっかりと活躍してくれた。やはり数値の暴力は恐ろしい。

 

(ここまで偉そうに書きましたが、受けループとオニゴーリは切ってます。何か良い対策方法ないかなあ…)

 

氷技やバシャーモなど色々一貫してるPTで、書いてるうちに粗や改善点がものすごく浮かんできましたが、個人的にはとても気に入っています。次は2000行けるように頑張ります。

 

 

 

 

 

はじめまして

投稿テストも兼ねて。ポケモンとか気になったこと等色々書いていきます。