読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lily’s diary

ポケモンとか色々

サクラクエストから考える「普通」

f:id:lily_poke:20170421151106j:plain

 

2017年4月より放送されているサクラクエストというアニメがある。

P.A.WORKSが手掛けているお仕事シリーズの3作目なのだが、このアニメの主人公が何となく好きになれなかった。

大学から帰るときに下校途中の女子中学生を見て、主人公が好きになれなかった理由を確信したので記事にしようと思う。

 

あらすじは面倒なので省略する。もし気になったら視聴して欲しい。

このアニメの主人公は普通という言葉にコンプレックスを持っている。相当拗らせているらしく、開始3話にして「普通と言わないでください!」という台詞を耳にタコができるほど聞いた。

このアニメの舞台は田舎なのだが、これだけ普通という言葉を毛嫌いしておいて、2話までは元々住んでいた都会に戻り普通の生活を送ることを望んでいた。こうした矛盾や発言の一貫性の無さもこの主人公が好きになれない要因の1つであると思う。

 

私はこの「普通と言わないでください!」という台詞を聞くだけで虫酸が走る。もし彼女が目の前にいたら「平凡、凡才、凡常、一般、人並み、モブ、量産機」など自分が持っているありとあらゆる語彙を駆使して煽っていたと思う。それ程腹の立つ台詞なのである。

 

まず「普通」とは何だろうか。

大学から帰宅するときに女子中学生を見た。そのうち恋人が出来て普通に結婚して幸せになるんだろうなという邪な考えが浮かんでしまい死にたくなったが、同時に普通の人生を送ることはかなりハードルが高いことなのではないかという疑問も浮かんだ。

 

普通の人生というものを想像してみて欲しい。

単純に関わっている人間が少ないだけなのかもしれないが、そのような人生を歩んでいる人間を私は見たことが無い。誰もが数奇なエピソードの1つ2つくらいは持っている。

様々な価値観や選択肢が溢れかえっているこの時代で、それでも普通でいることはほぼ不可能であると思う。

 

この主人公も毛髪が桃色な上に就職浪人までしかけている。この時点で普通じゃないのは自明である。※ちなみにこのキャラクター以外変な髪色のキャラクターはいない

それでも周囲の人間から普通と言ってもらえることに感謝せねばならないと思う。

 

彼女には成長を通じて普通と言われることの尊さを実感してもらいたいものである。

 

主人公嫌いすぎて2話で切るか迷ったのは内緒

そりでわ✋

バブみという言葉が嫌い

f:id:lily_poke:20170420001036j:plain

私はよくTwitterにバブみを感じたいだとかおっぱいを吸いたいだとか捌け口のない欲望を便所の落書きの如く垂れ流している。異性に優しくされたことが無いからかそういう性癖なのか単純に疲れているだけなのかは不明だが、気付いた頃には聖母のような慈愛に満ちた優しい女性を欲するようになっていた。勿論この世にそんな女性は存在しない。現実を見ることの出来ないオタクはイデアしか見ることが出来ないからだ。

 

題と言ってることが真逆じゃないか!と突っ込まれるかもしれないが考えてみて欲しい。

バブみという言葉、とても頭が悪い言葉だと感じないだろうか。

そもそも「ーみ」という言葉は形容詞を名詞化したものである。当然「バブ」は擬音であり言葉ですら無いため、バブみという言葉は日本語として破綻している。

前回の記事の最後に萌えという言葉の完成度について少し語ったが、萌えのようにバブみも何かいい言葉に置き換えられないだろうか。

 

そこでおねショタ漫画で自慰に耽っている最中思いついたのが「慈しみ(いつくしみ)」である。

これならばバブみと意味はさほど変わらない上に日本語としても成立しているし、誰にでも意味が通じる。実に美しい日本語ではないか!

 

ちなみに慈という漢字は茲+心の会意形成文字であり、茲は増えるや養うを意味し、そこに子を大切に育てるということを意味する心がつくことで成立したらしい。語源から既にバブみ慈しみを感じないだろうか。

 

ちなみに「バブみ感じてオギャる」というオタク丸出しの気持ち悪い言葉は「慈しみを感じ涙する」に言い換えることが出来る。汲み取り式トイレと水洗トイレくらいの違いがあることにお気付きだろうか。

当社比で気持ち悪さを9割削減することに成功した。

 

この記事を見たオタクの皆さんが「バブみ」の概念に「萌え」のスタイリッシュさが上乗せされたこの言葉を使ってくれることを願ってやまない。

 

 

ちなみに僕は使いません。流行るわけがないので。

そりでわ✋

発想の転換

近年オタクがアニメ等のキャラクターを「〇〇ママ」と読んだり「バブみ」等の言葉を用いるようになり「〇〇は俺の嫁」と言ってた時代に比べ弱体化したと言われている。それまでのオタクの感情表現としては「〇〇は俺の嫁」や「ブヒれる」といった表現が有名であろうか。

バブみとは世話焼きだったり母性を感じるキャラクターに対して「バブみがある」という風に用いる概念である。

f:id:lily_poke:20170417000432j:plain

オタクの弱体化については様々な考察があるが、自分はついさっき寧ろオタクが進化しているのではないかという考えが浮かんだ。(良いことなのかどうかは分からないが)

 

 

まず自分は「〇〇は俺の嫁」と「〇〇ママ」といった表現の本質は同じだと考えている。

f:id:lily_poke:20170417010716j:plain

「〇〇は俺の嫁」を代表するキャラクターにらき☆すた柊かがみがいるが、間違いなく近年放送されていればTwitterは「かがみママ―ッ!!」のようなツイートで溢れ返っていることだろう。

駄目な自分を捨てないで欲しいという自信のないオタク特有の潜在的欲求から考えてみるとママも嫁も大差ないように感じる。

 

また、オタクの流行語は凡そ4~5年周期で変化している。

自分がオタク向けコンテンツに初めて触れたのは2005~6年頃だが既に「〇〇は俺の嫁」といった言葉が流行していた。

2010年代前半は「ブヒれる」「シコれる」といった表現を見かけるようになり、さらに2015年辺りから「〇〇ママ」や「バブみ」といった表現を見るようになった。

余談であるが最近では「バブみ」を更に昇華させた「これは俺を妊娠している」のようなより婉曲的な(訳の分からない)表現も散見されるようになった。

 

周期が増すに連れ、直接的な表現から婉曲的な表現へと変化している。

これはオタクの表現力が豊かになったことの証拠ではないだろうか。

東京オリンピックが開催される頃にはオタクの感情表現がより婉曲的になっていることだろう。

 

おわり

 

 

 

 

 

そういえば「萌え」という2文字で全てを表せるとても完成度の高い言葉が「〇〇は俺の嫁」以前からありましたね。やっぱオタク弱くなってるわ。

そりでわ✋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無 自 覚 な 煽 り

f:id:lily_poke:20170322053451j:plain

無自覚な煽りというものがある。本人は人を煽っているつもりが無いのに話を聞いている側の神経を逆撫でしてしまう行為のことである。

ある身分の高い女性が言った「パンが無ければケーキを食べればいいじゃない」が有名であろうか。(尤も、本来の意味は違うらしいが)

 

正直な話、これは一部の人間を除き創作の世界だけの話だと思っていた。

某短文投稿サイトで常日頃からそのような発言をしている人がいたのだが、その人の知り合い曰くどうやら故意ではないらしい。

自分の発言で他人が不快になるというのが分からないらしく、面食らってしまった。

 

例えば、他人から自慢を四六時中聞かされたらどういう気分になるだろうか。

一度であれば良かったねで済む話であるが、何度も自慢されると尋常な神経の持ち主であれば、不快感を示すだろう。

人を小馬鹿にして優越感に浸っているとしか思えない発言だからである。

 

それを分かった上で発言しているのであれば、ただ性格が悪い人で済むのだが、そうでないとしたら非常に質が悪い。

純粋な気持ちから発言していることに他ならないからだ。人を馬鹿にしているどころか自慢している自覚すらない可能性もある。

幼稚園児や小学校低学年の児童ならまだ理解の余地はあるが、そういった発言をしていたのは紛れもない成人である。

このような自己中心的で罪悪感が欠如した人間を精神病質者(サイコパス)とでもいうのだろうか。

その人は突然炎上して光の速さで消えたのだが、なぜ叩かれたのか全く理解していないかもしれない。はっきり言って異常である。

 

こういう人もいるのだなあという感想と目の前にいる人が普通の人間とは限らないという恐怖を感じた一日であった。

自分としてはサイコパスは怖いので前者であることを祈るばかりである。

 

 

そりでわ✋

 

インターネット大会 カントー×アローラ 感想 

f:id:lily_poke:20170319130855j:plain

↑公式サイトから勝手にパクった。バレなきゃヘーキヘーキ 

 

こんにちは。ポケモンSMのインターネット大会『カントー×アローラ マスターカテゴリ』に参加したので、使用した構築と感想を書きたいと思います。

大会のレギュレーションはシングルバトル、カントー図鑑とアローラ図鑑ポケモンのみ使用可でメガシンカ禁止という少し特殊なレギュレーションでした。

 

まず、大会に参加する前に対戦環境を予想してそれに適応するようなパーティを組み上げる必要がありました。環境はS1環境を参考にしました。

・大会前の環境予想

 1.カプ・テテフ+パルシェンの対策

 2.ミミッキュの対策

 3.天候パ、害悪構築の対策

 4アローラガラガラをはじめとする電気無効ポケモンの対策

 5.   ポリゴン2やラッキーなど高耐久ポケモンの対策

 

これら5つを満たすパーティを構築しようと考えました。

 

・使用構築

f:id:lily_poke:20170319133007g:plain

ガブリアス@こだわりスカーフ

特性:さめはだ

性格:意地っ張り

努力値:AS252B4 

実数値:183-2-116-×-105-154

技:げきりん じしん ストーンエッジ ほのおのキバ

 

みんな大好きポケモン界の主人公。強くて速い地面タイプだからという適当な理由で採用。

ストーンエッジをよく当ててくれて自覚があった。選出した時はいかにこいつ一貫を作るかが重要だった。ガブリアス自体久々に使ったがやはり強い。

 

f:id:lily_poke:20170319133622g:plain

ゲンガ―@きあいのタスキ

特性:のろわれボディ

性格:臆病

努力値:CS252D4  

実数値:135-×-80-182-96-178

技:シャドーボール ヘドロばくだん こごえるかぜ みちづれ

 

普通の襷ゲンガー。テテフ対策その1。パルシェンにはノータイムで道連れを押していた。また、選出したときはしっかりと活躍してくれて良かった。刺さってるPTも多く感じた。

 

f:id:lily_poke:20170304221755g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:トレース

性格:図太い

努力値:244-×-252-0-0-12 

実数値:191-×-156-125-115-82

技:イカサマ ほうでん どくどく じこさいせい

 

剣舞ミミッキュを倒すために新たに育成した輝石ポリ2。ポリ2を見る枠でもある。

ポリ2をポリ2で見るという最高に頭の悪いことをしているが、自分のパーティには格闘タイプがいないので仕方が無かった。ギャラドスを重く見て放電を使用したが、冷凍ビームでも良かった気がする。

 

f:id:lily_poke:20170319134703g:plain

カプ・コケコ@デンキZ

特性:エレキメイカー

性格:臆病

努力値:CS252B4 

実数値:145-121-105-147-96-200

技:10まんボルト マジカルシャイン とんぼがえり ボルトチェンジ

 

普通のカプ・コケコ。とんぼがえりはアローラガラガラ対策。

相手のPTにアローラガラガラがいた時はこいつを投げてとんぼがえり→襷ゲンガー交代で莫大なアドバンテージを稼ぐことが出来た。ただし相手のPTに1匹は電気無効が必ずいたため、意外と使うのが難しかった。

 

f:id:lily_poke:20170319135206g:plain

ラプラス@オボンのみ

特性:ちょすい

性格:控え目

努力値:52-0-172-252-4-28 

実数値:211-94-123-150-116-82

技:フリーズドライ こおりのつぶて ぜったいれいど ほろびのうた

 

間違いなくこのパーティの戦犯

努力値配分は良く分からなかったため某サイトの育成論をそのまま使った。

オニゴーリなどの害悪構築、多いと考えていた雨構築をこいつ一匹で見ることができると気付いたのでウキウキ気分で育成したが、雨構築、害悪構築とは1度もマッチングしなかった。ラッキー等の低火力高耐久ポケモンにも零度を当ててくれなかったので大会終盤は選出することがなかった。

そもそもパーティ自体に合っていなかったと思う。

オシャレ追及せずにマッシブーンでも入れときゃよかった。

 

f:id:lily_poke:20170319140540g:plain

テッカグヤ@とつげきチョッキ

特性:ビーストブースト

性格:勇敢

努力値:228-232-0-20-28-0

実数値:201-165-123-130-125-82

技:ヘビーボンバー じしん かえんほうしゃ めざめるパワー(氷)

 

S1で使用していた個体をそのまま流用したので調整意図は不明←

テテフ対策その2。テテフに後投げしてヘビーボンバーぶっぱしたり、交代読みで地震を撃ったりするだけでも強かった。ニドキングの10万ボルトを体力半分以下で耐えた時は驚愕した。

 

・感想&反省

慣れない対面チックなパーティを使用したのでPTを扱うのに苦労しました。基本選出であるカプ・コケコ+ゲンガー+ガブリアスは耐久がほとんどないため、よく考えながら戦わなければならず、非常に大変でした。また、テテフ対策と思われるアローラベトベトンが意外と強くてびっくりしました。自分のPTに刺さってる上に完全に舐めてたので痛い目を見ました;;

 

1日目は14-1で最高の結果で終わることが出来ました。1600まではポケモンの性能で勝っていたと思います。

2日目は7-8で負け越してしまいました。この時点で高耐久ポケモンが予想以上に苦手なことが分かり、立ち回りを改善しようと思いました。

最終日は10-5でまずまずといった感じでした。最後の最後でレート1700に乗れて安心しました。

 

終結果は31-14で勝率69%だったため自分としては悪くない成績だと思いました。こういった特殊なレギュレーションでの対戦は新鮮で楽しいので機会があればまた参加したいと思います!メガストーン目当て

 

それでは✋

 

 

暇潰し (読み合いという行動を考える)

f:id:lily_poke:20170317074545j:plain

 

暇つぶしに読み合いについて自分の考えを書こうと思う。

(こういうこと考えるのが好きなだけで特に読みが鋭いわけではない)

 

あらゆる対人ゲームでは必ずといっていいほど読み合いが発生する。

勿論読みに頼らずゲームに勝てるならそれに越したことはないが、そう上手くいかないのが対人ゲームである。自分は対戦中に読みを必要とする要素を極力減らすのが上手なプレイングであると考えている。

しかし、この読み合いこそが対人ゲームを奥深くしている要素であり、プレイヤーを悩ませている要素であるとも思う (結局ジャンケンだと言われたら何も言えないが)

しかし、読みといっても一括りにするのはナンセンスだと考えている。

 

一対一のゲームにおいては

 

0.定石のような基本の動き

1.相手の基本行動を考えて先手を打つ行動

2.相手の行動に依存した行動

3.勝負を決めるための行動

 

基本的に対戦は0~3の要素で成り立っていると考えている。

しかしながらメタゲームは相性や運などの要素が複雑に絡み合っている。これは対戦外の要素なので後述する。

 

0は勝利に至るための最も基本的なストラテジーであり、0だけで勝てるならばそれに越したことはない。こちらの戦略を妨害するために相手も策を弄するため、そこで読み合いが発生すると考えられる。

自分は読み外し、読み負けによって引き起こされる自分が不利になるような要素をリスクと呼んでいる。互いのリスクの蓄積量の差によって、有利不利または勝敗が確定すると考えている。

 

1は相手の戦略を読み、妨害するための行動である。最も読みやすく、かつ読まれやすいため、序盤であれば多少読み外しても痛手になることは少ない。相手がこちらの妨害に気付いても、読みを外せば不利になる可能性が高いため、読みに負けてもゲームに負けない手を打つ可能性が高いためである。

また、自分はゲームの時間経過とリスクは正比例していると考えている。

つまり、リスクの蓄積量が多くなった終盤において1は3になり得るというわけである。

 

2はゲームの流れを変えるときや勝利を確実にする場合に使用する行動である。

簡単に言えば相手の裏をかくということである。前者は自分が不利な場合に使用し、後者は自分が圧倒的有利な場合に使用する。

0~3の中で最もリスクの変動が大きく、また決めるのが難しい手でもある。

自分はリスクの蓄積量は実力及び経験に比例していると考えている。つまり、自分が不利になった時点で相手の方が実力は上ということになるため、このまま継続すればゲームに負ける可能性が高い。

ここで、相手の読みを信頼し、有利不利を逆転させるために使用する。これは3の行動に近い。

逆に自分が圧倒的有利の場合は相手の勝ち筋(3に該当する行動)を潰すだけなので読み負けてもリスクは小さい。よって1の行動に近い。

2は相手に依存した行動、いわば後出しじゃんけんなので全部決め続ければほぼ確実に勝てるが、絶対に不可能なので使い所が大事であるといえる。

 

3は決めないとゲームに負けてしまう場合にのみ使う手である。

リスクを度外視した行動のため、読み外せば負け濃厚、読みが通ればゲーム続行か相手も同じような状況であれば一気に勝利に近づく。

 

まとめると

読みの難易度は2>3>1

返ってくるリターンは3>2>1

読み外した場合のリスクは3≧2(自分が不利な場合)>1≧2(自分が有利な場合)

である。

 

0~3の有利不利であるが

0は2に有利 (相手はこちらの読みを信頼し行動するため基本的な行動は読まれにくい)

1は0に有利 (0を妨害するための行動なので当たり前)

2は0以外の全てに有利だが場合によってはリスクが大きい

3は2以外の全てに有利だが外せば敗北濃厚

 

2と3のリスクの大きさから考えて対戦は基本的に0と1の応酬である。

つまり勝ち筋作りはそれほど重要なのである。

そこに2と3の行動が組み合うことによって、複雑な読み合いが展開されている。

 

このように、読み行動とは互いのリスク管理の結果から導き出される一手である。

結局読みは経験による勘と実力、運が全てなのだが、メタゲームにおいてはそれが全てではない。

自分はメタゲームにおける読みはそこまで強い行動ではないと考えている。

実力差は相性差でひっくり返ることもあれば、運が良ければ普通に勝つこともできるため、それらを対戦前にカバーすれば良い。わざわざ読みに頼らなくてはいけなくなった時点で、こちらが不利だからである。

つまり環境を読み、読み合いに頼らなくても勝てるように工夫することが重要である。

 

長々と書きましたが、ただの時間つぶしで内容自体はぼくの妄想です(^o^) 

真に受けないでくださいね。

おわり

 

 

レート溶けてオワオワリ

f:id:lily_poke:20170310070454j:plain

おはようございます。今まで順調にレートが上がってきたのですが、とうとう溶けてしまいました;;

最高レートは1961で、一晩で1850くらいまで溶けてしまいました。

シーズン2も残り10日となってしまったので恐らくこれ以上は伸びないと思います。

新しく練った構築も全く歯が立たなかったため、完全にメンヘラと化してしまいました。ブルルドランでレート2000を目指していただけに非常に残念です。

 

・今回の構築

f:id:lily_poke:20170304221611g:plain

カプ・ブルル@とつげきチョッキ

特性:グラスメイカー

性格:意地っ張り

努力値:252-84-0-×-172-0

実数値:177-177-135-×-137-95

技:ウッドハンマー ウッドホーン しぜんのいかり ばかぢから

 

いつもの。マークが厳しくなったせいか選出率が減った気がする。

やはりカプ・テテフに対して無類の強さを発揮してくれた。

 

f:id:lily_poke:20170304221706g:plain

ヒードラン@こだわりメガネ

特性:もらいび

性格:控え目

努力値:248-×-0-252-4-4

実数値:197-×-126-200-127-98

技:オーバーヒート ラスターカノン だいちのちから げんしのちから

 

いつものその2。とても強いポケモンですが耐久が今一つ足りなくて見た目以上に繊細なポケモンだと感じた。レボルトやメガゲンガーの気合いボールでよくふっ飛ばされた。

 

f:id:lily_poke:20170304221755g:plain

ポリゴン2しんかのきせき

特性:トレース

性格:図太い

努力値:244-×-252-0-0-12

実数値:191-×-156-125-115-82

技:ほうでん れいとうビーム どくどく じこさいせい

 

いつものその3。毒を撒けるのがこのポケモンしかいないため、相手にポリ2がいた時などは絶対選出しなければいけないのが辛かった。レボルトの気合ボールでめちゃくちゃふっ飛ばされた。レボルト強すぎる。

 

f:id:lily_poke:20170310061535g:plain

ヤドラン@ヤドランナイト

特性:さいせいりょく→シェルアーマー

性格:図太い

努力値:244-×-228-28-4-4

実数値:201-×-174-124-101-51 メガ後:201-×-251-154-101-51

技:ねっとう れいとうビーム トリックルーム なまける

 

スイクンの代わりに入れてみたが意外と活躍してくれた。パーティに速いポケモンが少なく、特に入れたい技がなかったのでトリックルームを採用したが、意外と嚙み合ってて可能性を感じた。トリックルームが上手く使えなかったため落とした試合が何度かあった。

 

f:id:lily_poke:20170306010559g:plain

ボルトロス@オボンのみ

特性:いたずらごころ

性格:臆病

努力値:140-×-12-100-4-252

実数値:172-×-92-158-101-179

技:10まんボルト めざめるパワー(氷) 悪巧み 挑発

 

カプ・レヒレメガボーマンダをメタるために採用したが、自分のレート帯にそれらが少なく完全に環境を読み間違えてしまった。しかし選出した時は上から挑発を撒いたり、10まんボルトで搔き回したり意外と活躍してくれて、やはりこのポケモンのポテンシャルは侮れないなと感じた。しかし耐久値が足りな過ぎてお荷物になってしまうこともあった。

 

f:id:lily_poke:20170306012237g:plain

カイリュー@こだわりハチマキ

特性:マルチスケイル

性格:意地っ張り

努力値:52-228-4-×-4-220

実数値:173-201-116-×-121-128

技:げきりん しんそく じしん ほのおのパンチ

 

Sに割いた鉢巻カイリュー。準速75族抜き。

鉢巻逆鱗や神速はとても強かったが、このポケモンもあまり使ったことがないため上手く使えず落としてしまう試合があった。

 

・雑感、反省

 

1900に乗った頃からこの構築を使っていたのですが、当初警戒していたマンムーはほとんど選出されず、メガフシギバナモロバレルといったポケモンは相手のパーティに入ってすらいないことが多い印象でした。

苦手なポケモンとしてはミミッキュメガゲンガー、霊獣ボルトロスでした。

f:id:lily_poke:20170310070907g:plain

ミミッキュは剣舞型か呪い型か見分ける必要があり非常に対処に困りました。

やっぱり化けの皮はズルいと思う。

 

f:id:lily_poke:20170310070920g:plain

メガゲンガーPGLでのランキングがそれほど高くないため切り気味に構築しましたがやはり上に行けば行くほど数を増やしてる印象でした。やはりPGLは参考にならないですね。

 

f:id:lily_poke:20170310071152j:plain

霊獣ボルトロスに至っては止められるポケモンがおらず、完全に構築ミスでした。

一番相手しててキツかったポケモン。範囲広すぎる。

上から叩けるポケモンがいないため、自分のポケモンがどんどん削られていき非常に苦戦しました。改めて電気の一貫を切ることの大切さを痛感しました。

 

・まとめ

明らかな構築ミスに始まり、使い慣れないポケモンの多用等勝てる方がおかしい状況で1900後半までいけたのは奇跡だと思います。最後まで潜るつもりですが次シーズンこそは2000に到達できるように精進したいです。

 

そりでわ✋